Cute Girls Live〜Road to NAONのYAON2017~エントリースタートします!!応募お待ちしてます。

2013年から開催されてるCute Girls Live~Road to NAONのYAON~からは
軽音部も含め数多くのGIrlsが野音のステージで元気なパフォーマンスを見せてくれてます。
アンコールではプロミュージシャンと一緒に歌って楽しんで、そして感動して、間違いなく凄く貴重な体験してるんだと思ってます。
2017年のNAONのYAONは4月29日(土)です。たくさんのGirlsの応募お待ちしてます。

オーディション

1/19 Cute Girls Live2014!New Year GIG~Road to NAONのYAON~

どうもCGL(Cute Girls Liveの略)運営事務局、実行委員会のMC/CIです。
ライブレポ遅れてすみません。
では早速!
今回のCGL New Year GIGは計8組。新しく、縄田よぴさん、ASUCAさん、妖精達さん、Mer Peoplesさんが参加してくれました。

image

トップバッターはOMOIDE特急108号室。こちらはテクノポップユニットですが、メンバーの一人がインフルエンザでお休み。前日は出る出ないでどたばたしましたが、単独ライブを実践。緊張感ありありの状況の中、新曲を入れて3曲、Cuteな表情で頑張ってくれました。

続いて縄田よぴさん。いやー、間違ってなかれば高校生の頃は某オーディションでかなり良いところまでいった実力はシンガーソングライター。
印象に残ったのは、以外にBONNIE PINKのカバー曲でした、可愛らしい佇まいが印象的。

稚菜さん。アジアンというか民族的というか、そういう衣装に身を包み、帽子を少し深めにかぶり、稚菜さんのオリジナリティー溢れる世界を前回に続いて繰り広げてくれました。
そのcoolな音楽の世界の中の瞬間の笑顔にぐっと引き込まれます。

石田ミホコさん、今回はサポートにベースを入れてアコギだけどROCKなライブでした。彼女の持ち味は、元気、勇気、明日も頑張ろう!どこかの栄養ドリンクみたいな効果がライブから与えてもらえる、ということになります。

ASUCAさんですね、はい、ハーフということ、英語も堪能ということでその声質だけでなく発音の中にも何か気になる響きがあって魅かれました。
コールアンドレスポンスにも彼女の暖かさんが感じ、清涼感溢れるライブだったんではないでしょうか。

妖精達。もうこれはなんも言えなねー、ですね。
こちらはドラムの方がノロウィルスで当日キャンセル、そんな中トラをたてて果敢にもライブをやってくれました。
昭和歌謡のアプローチに、エロティックなMCとパフォーマンスに男どもだけでなく女子も釘付け。でも根はピュアな乙女で素敵な方達でした。

そしてSu凸ko D凹koiは、今回も納得のMCで俳句披露、切り口斬新な曲をぐいっと演奏してくれました。何でもテレビ朝日のmusicるでは歌詞大賞をもらったとのこと。musicるをチェックしたらあと1回、ピックアップされるんではないでしょうか。

最後はMerpeoplesです。バンドとしてのクオリティーもレベルもちゃんと高く思わずビートに体が反応してました。
バンドのキャリアもありますから、曲の構成含めて考えてるなーと感心させられたりしつつで、是非また出演お願いします。

以上ライブレポでした。

Cute Girls Liveは出演をリピートしながら、新しい出演者をどんどん巻き込んで、大きい小屋でイベント展開していきたいと思ってます。

次回はduo MUSIC EXCHANGEでプロアマ交流戦。SHOW-YAの寺田さんが進行してくれます。
プロの方のブッキングに苦戦してますが、間もなく発表します!